飲み過ぎに注意

画像の説明

暑い暑い日が続いていますね(^_^;)

こんなに暑い日が続くとついつい仕事終わりに自宅に帰ってビールが飲みたくなりますよね。

僕は普段は休みの前の日か休みの日しか飲まないのですが、これだけ暑いとついつい冷蔵庫に体が向かってしまいます。

私事ですが、つい先日1才5ケ月の僕の子供が「乾杯!」を覚えました。

僕はビールを片手に、子供はお茶の入ったコップを片手に持った状態で僕が「乾杯~!」というと僕が持っているビールの缶にコップをコツンと当ててきます。笑

どこで覚えて来たんだかと思って笑っちゃいました。

いつかお酌してくれることを楽しみに待ち望んでいます(≧▽≦)

今日はそんなお酒にまつわる話です。

お酒は少量であれば体がリラックスしていい気持ちになり、嫌な事も忘れれたりストレスを発散できるキッカケになります。

また歓送迎会や友達との飲み会、打ち上げなど友達や会社の仲良い人たちと楽しく喋りながら飲むお酒は特別に美味しく感じますよね。

このように楽しいとか気持ち良い感じは副交感神経が適度に優位に働いているからです。

しかし、過度の飲酒は交感神経を高ぶらせてしまいます。アルコール分解の化学反応中、大量の水分が消費されて体が脱水状態に陥ります。

そして血管内の水分量低下を感知したCAN(中枢自律神経網)が交感神経を優位にし、心拍数を上げて血管内の水分を補給しようとします。

すると心はリラックスモードに入っているのに、逆に体の中では水分を欲して体を興奮状態にしてしまいます。また肝臓や胃などの内臓も交感神経が高まりすぎると動きが悪くなり食物の消化が悪くなったり、アルコールの分解が遅くなります。

これが飲み過ぎた次の日にしんどさがどっと来る正体です。

結果的に次の日に体が疲れてしまっているなんてことはありませんか??

そんなあなたへの対策としては

・飲み過ぎないように量を調節する
・飲んだ日は夜更かししないで早めに就寝する
・水分補給をこまめにとる

などがあります。

暑い日が続きますが、皆さん飲み過ぎ、遊び過ぎ、体を冷やさないように気をつけましょうね。

暑い夏をもう少し頑張って乗り越えましょう!!

お電話でのご予約・お問い合わせは

06-6398-9795

もしくはLINEからよろしくお願い致します。

画像の説明



豊中市緑丘 少路から多数の方が来院されている整骨院
交通事故治療 産後骨盤矯正 姿勢矯正 スポーツ疾患 整体 美容 トレーニング などご相談下さい。

コメント


認証コード3073

コメントは管理者の承認後に表示されます。