マラソンランナーのパフォーマンスアップ

画像の説明

今日紹介するのはフルマラソンでタイムを上げたいと思っている患者さん。

この方はトレイルランで山を走っている途中に濡れていた地面で足をとられ、足が滑って転倒した際に足首の捻挫をされ来院されました。

治療してから完全復活まで約10回程通院してもらいましたが、しっかりと元どおり走れるようになり、さらに足首の柔軟性が向上したことに喜んで頂けました。

その後、

「マラソンでもっとタイム上げたいんやけど、どうしたらいい?」

とご相談を受けたのでパーソナルトレーニングを受けてもらうこととなりました。

捻挫の治療では下肢の評価をしましたが、パフォーマンスアップの場合はご本人の希望や目標をしっかりとお聞きした後に姿勢や体全体のバランスや動きを見てプランを立てて行きます。

患者さんの悩み・要望は

体全体が柔軟性に乏しいので体を柔らかくしたい
走っている時に腕振るのが疲れてくる
タイムアップのため足のストライドをもう少し広くしたい

などが上がりました。

初期評価では60分程お時間を頂き、姿勢の写真を取ったり、バランス力を見るテストをしてみたり、各関節の柔軟性を見ていきます。
そうすることで患者さんのウィークポイントを見つけて、どのように改善すればいいのか仮説を立てる事ができます。

スクリーニング検査をした結果、この患者さんの場合

体幹の柔軟性が全体的に(特に前屈可動)乏しい
ハムストリング、下腿三頭筋の癒着が強い
肩甲骨の動きが悪い
肩甲骨周囲の筋肉周囲のの癒着がきつい
大胸筋が短縮し、巻き肩になっている

などが考えられました。

検査の結果をもとにコンディショニングを行いました。

まず癒着している部分にメディセルを行い、運動をしながら皮膚や筋膜の癒着を剥がしていきました。
特に体幹の前屈運動はハムストリングの癒着がひどく指先が床から20センチ以上上にある状態だったので丁寧に剥がしていきました。

その後筋肉のストレッチを行い、筋肉をゆっくり伸ばしました。

動かしやすい体を作ったあと最後にリアラインコアを装着して姿勢改善トレーニングを行いました。

すると今まで人生で一度もつかなかった指先が地面に着くではありませんか!?

まさかの効果に患者さんもビックリです!!笑
僕も良かった~と安堵しました!笑

あらためてメディセル、リアラインコアの効果に驚きです。

今までご自身でも走る前や走った後にちゃんとストレッチをしていたみたいですが、あまり変化がらなかったとのことでした。
体の柔軟性は筋肉の伸びだけが問題な場合とそれ以外が関係している場合があります。

今回は筋肉の伸びよりも筋膜の癒着の方が強く関与していました。
いくらストレッチをしていても変化がない場合は筋膜の癒着または他の原因があるかもしれません。

何が原因なのかは仮説を立てて検証する必要があります。

・自分でストレッチしていても体の柔軟性が上がらない

・スポーツパフォーマンスを上げたい

・怪我を予防したい

などのご要望がありましたら、一度ご相談ください!
お力になれると思います!

先程の患者さんですが最後に自宅でのセルフケア方法の宿題を出して2週間後にチェックをさせてもらうことにしました。

2週間後が楽しみです(^O^)/

お電話でのご予約・お問い合わせは

06-6398-9795

もしくはLINEからよろしくお願い致します。

画像の説明



豊中市緑丘 少路から多数の方が来院されている整骨院
交通事故治療 産後骨盤矯正 姿勢矯正 スポーツ疾患 整体 美容 トレーニング などご相談下さい。

コメント


認証コード2390

コメントは管理者の承認後に表示されます。