マラソンによる足の痛み

画像の説明

今日は大阪マラソンにエントリーしている患者さんが来院されました。

練習で今までは10キロほど走れていたのに現在は3キロから4キロほど走ると臀部、膝あたりに痛みが出て走れなくなるとのことでした。

しかし、走りをやめてしばらくすると痛みがなくなり日常生活にも特に痛みは出ないとのこと。

初診時に各種検査をさせてもらうと膝の関節自体には問題がありませんでした。
動きの中でスクワットやサイドランジ、フロントランジなどでも痛みはなかったです。

で、触診させて頂くと腓腹筋の内側頭と外側頭周囲に圧痛があり更に膝窩筋の圧痛、腫れがありました。一つはこれが原因です。

走っていると臀部も痛みがあるということなのでもう少し範囲を広げて見ていくと骨盤がかなり歪んでいる状態でした。

骨盤は本来左右対称で安定し、荷重伝達機能が働くのですが、骨盤が歪んでいると仙腸関節の閉まり(安定性)が悪くなり荷重伝達機能もしっかりと働かなくなります。

画像の説明

荷重伝達機能とは下肢からの動力をしっかりと上半身に伝える機能です。マラソンの場合は足から伝わる力を上半身に伝えて体重移動をしやすくしたり、更に次の足を出しやすくするということに関係しています。

画像の説明

荷重伝達機能が働きにくくなっているため他の筋肉(臀筋やハムストリング)に無駄な負担がかかり痛みが出ている状態でした。

それ以外にも今回この患者さんは右の骨盤が、かなり前傾して下がっていたので右足に重心がかかり過ぎて右足ばかりに負担をかけていました。

聞いてみると靴もやはり右足の外側がよく擦り減るとのことでした。
生活習慣では、立っている時に右足ばかりに体重をかけているようです。

ということで今回はリアラインコアによる骨盤の歪みの調整と負担のかかっている臀筋やハムストリング、腓腹筋などの筋肉を緩めていく治療をさせて頂きました。

画像の説明

早く良くなって練習に復帰して頂きたいです。
大阪マラソンしっかりと走れるようにサポートしていきます!!

マラソン以外にも野球やサッカー、テニス、剣道、ボルダリングなどスポーツをされている方が多数来院されています。

スポーツによる痛みや身体を柔らかくしたい、パフォーマンスアップしたいなどのお悩みがあれば一度ご相談下さい。


豊中市 緑丘 整骨院 交通事故治療 骨盤矯正 姿勢矯正 スポーツ 鍼灸 美容 トレーニング などご相談下さい。

美療鍼灸整骨院

豊中市西緑丘1丁目1-1-19

JGS緑丘マンション101

http://www.biryouseikotsu.com/

06-6398-9795

コメント


認証コード0392

コメントは管理者の承認後に表示されます。