交通事故時に最も多いむちうちとは?

画像の説明

車に乗車中、後方からの追突などにより首が過度に前後または横に振られて、首の周囲の筋肉や靭帯などの軟部組織が損傷することにより痛みが発生します。

画像の説明

一般的にむちうちと呼ばれますが頸椎捻挫とも呼ばれ、足や膝の捻挫と同じような症状と首周囲独特の症状が出ます。

症状としては

首の痛み(安静時痛・運動痛)首の運動制限

頭痛・頭重感、上肢の疼痛・痺れ、背中の痛み

吐き気、めまい、耳鳴り、不眠

など様々な症状が出現します。

多くの場合、

事故直後に症状が出ることは少なく、時間の経過と共に症状が出てきます。
事故1週間ぐらい経ってから症状が出てくることも多いです

むちうち

レントゲン上に所見が現れないため、実際には触診や動作時の痛みでどこが悪いのかを判断することになります。

またレントゲン上に所見が現れない場合、多くの整形外科さんでは鎮痛薬、湿布で様子を見て下さいと言われることが多いと思います。

当院では

レントゲン上に写らない筋肉や靭帯の痛みの治療をしています。

徒手療法(マッサージ)、鍼灸、ストレッチ、運動療法、筋肉・関節専門の機械を駆使して治療にあたります。

むちうちでお困りであれば筋肉の専門家による治療を受けに来て下さい。


豊中市 緑丘 整骨院 交通事故 スポーツ 鍼灸 美容 トレーニング マタニティー疾患などご相談下さい。

美療鍼灸整骨院

豊中市西緑丘1丁目1-1-19

JGS緑丘マンション101

http://www.biryouseikotsu.com/

06-6398-9795

コメント


認証コード9864

コメントは管理者の承認後に表示されます。