腱鞘炎について

腱鞘炎の患者さんが来院されました。

野球をしていてファーストで守備をしていてボールをキャッチすると同時に相手にタッチしようとした際、

相手と接触して手首を捻り負傷。

症状は、

手首の背屈、尺屈時に手首の橈側に痛みがあり、親指を握った状態で尺屈(フィンケルシュテインテスト)すると痛みが強くなります。

画像の説明

腫れや内出血はないものの

長母指外転筋短母指伸筋の腱部に圧痛と疼痛があり炎症性の痛みが見られました。

画像の説明

治療は

炎症のあるものはアイシングを行い、炎症性のズキズキした痛みを取ります。

今回も少し炎症があったため治療後にアイシングを行いました。

治療対象となる筋肉と腱は前腕部の半分ぐらいの骨間膜や骨上から繋がってきているので前腕部から緩めていきます。

画像の説明

腱の部分に関しては、

手で緩めていくより、ストレッチや患部を直接刺激できる超音波を使い治療していきます。

症状の状態に応じてハリ治療をすることもあります。

腱部の痛みは筋肉と違いおでんで言うスジの部分にあたるので硬く、痛みが取れにくい部分です。

ですので早めに治療しておかないとずっと痛みが続いたままになります

腱鞘炎の痛みは

筋肉を緩めることと腱自体の修復を早くなるよう促してあげることが重要です。


豊中市 緑丘 整骨院 交通事故 スポーツ 鍼灸 美容 トレーニング マタニティー疾患などご相談下さい。

美療鍼灸整骨院

豊中市西緑丘1丁目1-1-19

JGS緑丘マンション101

http://www.biryouseikotsu.com/

06-6398-9795