交通事故によるむちうち治療の期間はどれぐらいかかる?

交通事故によるむちうち

普通のケガと違い、車の衝突により首が過屈曲、過伸展、過屈曲が強制されることにより
首や背中、肩の筋肉が断裂をおこし損傷を受けます。

損傷を受けてから2~3週間は炎症を起こし熱をもってきます。

画像の説明

症状としては

頭痛、めまい、吐き気、首や背中、肩の痛みなどが出現してきます。

炎症がひいてくるまでは何も動作をしていなくても痛みが出る状態でこの時期はアイシングを行い、冷やしていきます。

炎症がひいてくると安静時の痛みは次第にましになり、運動時の痛みが残ってきます。

運動時の痛みは筋肉の緊張によるものなので筋肉を徒手療法(マッサージ)で緩めて動きを出していきます。

また、筋肉や靭帯を治療する超音波を使い修復を早めていきます。

これらの治療を繰り返し行い早期回復を目指します。

当院にむちうちで来院されている方で

それぞれ患者さんの症状にもよりますが、多くの方は初めの1ヵ月で症状がましになり始め、3か月ほどで痛みが7~8割ほど良くなっています。4~5か月で9割、完治に至っています。

むちうちは後遺症が残りやすい

むちうちは、前述したように筋肉の断裂が起こっている状態ですので早い段階で治療をしておかなければ後遺症が残りやすいです

後遺症を残さないようにするためにもしっかり治しきりましょう。

もし、交通事故によるむちうち、首の痛みでお困りの場合は早めにご相談下さい。

画像の説明

豊中市 緑丘 整骨院 交通事故 スポーツ 鍼灸 美容 トレーニング マタニティー疾患などご相談下さい。

美療鍼灸整骨院

豊中市西緑丘1丁目1-1-19

JGS緑丘マンション101

http://www.biryouseikotsu.com/

06-6398-9795

コメント


認証コード3454

コメントは管理者の承認後に表示されます。