最近テレビでも話題の筋膜とは?

筋膜とは、

伸縮性のある半流動体の白い膜で頭の先から足の指まで繋がっており、筋肉や骨、血管や神経、内臓などを包み込んでいます。

画像の説明

筋膜は血管や神経・内臓までも包んでいるため仮に骨や内臓、神経を取ってしまったとしても筋膜だけで人間の形を形成できるため第2の骨格とも呼ばれたりします。

この筋膜がねじれたり、収縮して固くなっていたり、癒着すると痛みやコリが生じ、柔軟性が損なわれたり、運動においては可動域制限が生じ、本来の動作ができなくなってしまうのです。

簡単に言うと筋膜は、全身を包むウェットスーツとか全身タイツのようなもの。皮膚の下に、ぴちっとしたボディースーツを着ているのを想像してみてください。自由に伸び縮みして、どこも引っ張られないで動けるウェットスーツなら、着ていて気持ちがいいし動きやすいはずです。だけど洗濯してギュっと小さく縮んでいたり、どこかがよれてシワになっていたり、安全ピンで動かないように固定されてしまっていたら、着心地はよくないし、動くのも一苦労しますよね。

もっとわかりやすいように自分で実験してみて下さい。

まず立位で右腕を横に挙げてみてください。
これは普通に挙上できるかと思います。

では一度手を降ろして左手で服の右の側腹部を下(足の方向)に強く引き、
もう一度右腕を横に挙げてみましょう。

先ほどと比べて肩を中心に抵抗感を感じませんか?

これが「筋膜の癒着」を人工的に作った状態です。

なんで筋膜の癒着、縮こまりが起こるのか?

筋膜が癒着する原因は

長時間同じ姿勢のまま生活や仕事をしている、運動不足や体を動かすことが少ない、逆に筋トレや運動をした後にストレッチなどをしないでほったらかしにしている、怪我や捻挫などで筋膜が炎症を起こしている、さらには日頃のストレス等が挙げられます。

筋膜が癒着、縮んだ状態のまま無理な動きをしたり、負荷がかかると炎症を起こしたり、またはその制限を補おうと別の部位に痛みが出たり動きが悪くなるなどの影響が出てくるようになります。

だからこそ癒着をおこしている筋膜をリリース(解放)して、体本来の正常な機能を保つ必要があるのです。

次回は筋膜リリースについて

お電話でのご予約・お問い合わせは06-6398-9795


豊中市 緑丘 整骨院 交通事故治療 骨盤矯正 姿勢矯正 スポーツ 鍼灸 美容 トレーニング などご相談下さい。

美療鍼灸整骨院

豊中市西緑丘1丁目1-1-19

JGS緑丘マンション101

http://www.biryouseikotsu.com/

06-6398-9795

コメント


認証コード1805

コメントは管理者の承認後に表示されます。