当院では初診時にどういうお悩みを持っているのかをお聞きしています。

というのも怪我の治療だけでなくお悩み解消のためのメニュー(自費)もあるからです。

例えば

痛みがあって日常生活が不自由
姿勢が悪く、腰痛、肩こり、頭痛がしょっちゅう出る
股関節が硬く、あぐらがかけない
腕が左右対称に上がらない
ゴルフ時の腰のキレを出したい

などなど様々なお悩みをお持ちで来院されています。

最近特にお問い合わせもしくは来院理由で多いのは

体が硬くて疲れやすい
体の柔軟性をつけようと自分でストレッチをしているが一向に柔らかくならない。
ヨガを習っているが、体が硬くてポーズが取れない

など体の柔軟性についてのお悩みが多いです。

今日来院された方はジムで筋トレをしたり、フットサルをされている方ですが、
運動後のストレッチや体操などはほとんどしていないとのことでした。

最初に柔軟性を確認させて頂くと

前屈の可動は手が床に全然ついていません。

画像の説明

後屈の可動は腰に痛みが走り、これぐらいしか曲がりません。

画像の説明

この写真から読み取れるのは胸椎(背骨の上の方)は動きが出ているのですが、骨盤の動きが非常に悪い状態です。

骨盤が前傾せず途中で止まってしまっている状態です。

その原因としてはハムストリング(裏ももの筋肉)が短縮して縮こまっている状態で骨盤の前傾運動を引き留めてしまっているのです。

また、骨盤・胸郭の歪みもあるため骨の噛み合わせが悪くなり、骨自体の動きが悪くなり可動域を狭めています。

ということでこの患者さんには

メディセル筋膜療法、ストレッチ、リアラインコアを行いました。

メディセルで腰部から臀部、臀部からハムストリング、股関節の前面から腹直筋にかけて筋膜リリースを行いました。

メディセルで表面を緩めた状態で今度は深部の筋肉をストレッチで緩めていきます。

骨盤の動きに関係のあるハムストリング、殿筋、腰部、大腿四頭筋、腸腰筋、腸脛靭帯などの筋肉をゆっくりと伸ばして緩めていきます。

メディセルとストレッチで体を動かしやすい状態を作った後でリアラインコアを装着し、運動療法を行いました。

リアラインコアをつけた状態で深呼吸や前・後屈など簡単な動きをしてもらいます。

すると、

前屈は手先が床につきそうなところまで来ました。

画像の説明

後屈はかなり可動が出ました。さらにここまで動かしても痛みはほとんどないということです。

画像の説明

BEFORE AFTERで見てみると

画像の説明

画像の説明

差は歴然ですね。

個人差はもちろんありますが1回でもここまで変化が出ることも多数あります。

ただし、治療なしでここまで動けるように根本的に改善していくには10回ぐらいの通院が必要です。

ちなみにこの患者さんはハムストリングの緊張が強く、ストレッチをかけてもまだこの状態ですのでしばらくかかりそうです。

しかし、腰部の痛みも軽減したので良かったです。

継続は力なりです。本気で体を変えていきたいと思う人にはおススメです。

お電話でのご予約・お問い合わせは06-6398-9795


豊中市 緑丘 整骨院 交通事故治療 骨盤矯正 姿勢矯正 スポーツ 鍼灸 美容 トレーニング などご相談下さい。

美療鍼灸整骨院

豊中市西緑丘1丁目1-1-19

JGS緑丘マンション101

http://www.biryouseikotsu.com/

06-6398-9795