画像の説明

産後一ヶ月のお母さんが来院されています。

今回は2人目の出産を終えて一ヶ月経ってからのご来院でした。
ですので産後1ヶ月のお子さんを連れての来院でした。

1か月の子供って本当に小さくて可愛いですよね。わが子の1年前を思い出します。(1才になった今はもう大きくなってわがままに・・・笑)

それはさておき今回は骨盤矯正についてのご質問にお答えしたいと思います。

骨盤矯正はいつから出来ますか?というご質問をよく頂きます。

出産時のダメージは人それぞれ違いますので一概には言えませんが、出産後約一ヶ月後から可能です。

しかし、一ヶ月経っていても腰や股関節、腟部の痛みが強い場合は出来ません。
また帝王切開でお腹にメスを入れた方も日常生活で傷口が痛むようであれば控えた方が良いでしょう。

逆にいつまでに矯正しておいた方が良いか?という質問もあります。

これも一概には言えませんが、産後1~5ヶ月の間にした方が良いです。これはリラクシンというホルモンが分泌が減るもしくは分泌されなくなる期間です。

リラクシンは妊娠中~後期あたりに出てくるホルモンでしっかりと締まった骨盤を開き、赤ちゃんの寝床を確保する役割があります。

骨盤は真ん中にある仙骨を左右の寛骨が挟んで構成されているのですが、それがズレたりしないように靭帯でしっかりと固定してくれています。

下の図の白い部分が靭帯です。

画像の説明

リラクシンはその靭帯を緩めてくれる働きをしています。
リラクシンが分泌されなくなるとまた靭帯が硬くなり骨盤が固定されてしまいます。

ですので骨盤矯正はリラクシンが分泌されなくなる産後約1~5ヶ月後までにすると良いでしょう。

人によってはもっと早い段階で分泌されなくなる人もいるみたいです。

当院での骨盤矯正はリアラインコアという矯正器具を使い運動をしてもらい、自分で骨盤を支持する筋力を鍛えて矯正していきます(鍛えてと言いましても体の前屈や後屈や回旋運動など軽い運動をしてもらうだけです)。

そうすることで再度歪みにくい骨盤を作っています。ですので筋力がつくまで約10回の通院が必要になります。

産後一ヶ月ぐらいから始めて週に1回か2回来てもらうと10回目にはちょうどリラクシンの分泌が減る期間になるのでいいと思います。

骨盤矯正の詳しい情報はこちらをご覧ください。

また当院は予約制になっていますので、ほぼプライベート空間になりますのでお子さま連れでもご安心してご来院下さい。

(お子様を連れて来られる際は、お電話で「子供も連れて行きたい」と受付にお伝え下さい。)


画像の説明


当院に初めて来院される方は下のクーポンをお使い下さい。

画像の説明

お電話でのご予約・お問い合わせは06-6398-9795


豊中市 緑丘 整骨院 交通事故治療 骨盤矯正 姿勢矯正 スポーツ 鍼灸 美容 トレーニング などご相談下さい。

美療鍼灸整骨院

豊中市西緑丘1丁目1-1-19

JGS緑丘マンション101

http://www.biryouseikotsu.com/

06-6398-9795