腰椎椎間板ヘルニア

こんなお悩みありませんか?

慢性的に腰に痛みがあり、やる気が出ない・・
じっとしていても腰から足にかけて痺れや痛みが走る・・
一時的には良くなってもまた負担がかかると痛みが再発する・・
同じ姿勢で座っているのが辛い・・
重たい荷物を持ち上げると痛み・痺れが走る・・

このような症状でお悩みの方、あきらめずに一度当院に相談してみませんか?

ヘルニアであっても手術の必要がない軽度~中度のものであれば改善の見込みがまだあります!

腰椎椎間板ヘルニアとは?

腰椎は5個の骨(椎骨)からなり、上半身を支える脊柱のなかでも最も大きな骨で上半身を支えています。脊柱の中でも頸椎・腰椎は肋骨と接していないため可動性も大きくなります。そのため胸椎など他の部分よりよく動く分ストレスがかかりやすく、椎間板の障害を起こしやすい部位です。

椎間板ヘルニアとは椎間板(腰椎と腰椎の間にあるクッション)の線維輪に亀裂が入って、内部の髄核が飛び出て神経を圧迫した状態です。

症状は初期には腰痛が出現し、その後激しい腰痛と腰から臀部、太もも裏、下腿部、足先など片側性の下肢痛・しびれ感を引き起こします。この痛みは、咳やくしゃみで増悪するのが特徴的です。

疼痛やしびれ感のでる場所は、圧迫される神経によって異なります。
神経の圧迫が強い場合は、その神経が走行している筋肉に運動麻痺を生じ筋力低下を引き起こします。神経根の圧迫による完全な運動麻痺の回復は困難であり注意を要します。

筋力低下は徐々に起こることが多く、最初は自分でも気づかない程度から始まり、その後膝折れやスリッパが脱げるなどの症状で気づくこともあります。ひどくなると歩行困難になることもあるため注意が必要です。

好発年齢は20~40代で運動のし過ぎや重たい物を運ぶことの多い職種(大工さん車の整備士など)など比較的若い人に多いようです。

ここ最近では、安静にして負担をかけないようにすると椎間板から脱出した髄核が縮小・消失するなど自然に元の位置に戻る場合があることがわかってきました。
しかし、いまだそれに要する期間や割合は明らかになっていません。

腰椎椎間板ヘルニアの原因は何なのか?

椎間板ヘルニアは、あるひとつの原因で起きるわけではなく、いろいろな理由が影響して発症します。

例えば、

・重たい物を運ぶ、中腰の状態で長時間作業をするなどの重労働
・スポーツ時、ジャンプなどの反復運動(オーバーユース)
・仕事時の長時間同じ姿勢(座っていても上半身の重みが腰にかかっている)
・加齢に伴う椎間板の老化(椎間板は10歳を過ぎたころから老化が始まる。)
・遺伝要素(同一家系内に発症しやすい)

普通の腰痛と見分けるためには

診察所見と画像所見が一致して初めて診断がつきます。画像検査ではX線検査のみではヘルニアの診断は不可能です。MRIが最も有用な検査となります。

私たち柔道整復師はレントゲンやMRI検査ができないため理学療法検査と呼ばれる検査を行いどこにどのような問題があるのかを見ていきます。
また、腰椎椎間板ヘルニアの疑いがある場合は近くの病院やかかりつけの病院で診察して頂くようにしています。

当院での治療方法の特徴

痛みや痺れ、運動麻痺が重度の場合は、当院での施術の適応外となります。
当院での施術をお勧めする方は、病院でヘルニアと診断されたが「手術ではなく保存療法で様子を見ましょう」と言われた方になります。

手術までは必要ないが、何か対策をしないと痛いまま・・なんとかしたい!というような状態の人におススメです。

体を根本から変える3つのアプローチ方法

①メディセル筋膜療法

癒着している腰部や臀部の筋膜や筋肉を剥がして血管・神経の通り道を作ってあげます。
血液、神経の通りを良くすることを目的に行います。
また、癒着がはがれると体の柔軟性の向上が期待でき体にかかる負担が減ります。

②骨格の歪みを矯正

椎間板ヘルニアの場合でも骨盤のゆがみと姿勢を整える必要があります。
当院ではリアラインコアという矯正ベルトを使用し、ご自身で運動をしてもらいながら骨格の矯正をしてきます。

③トレーニング

癒着を剥がし、骨格を整えたら正しい体の使い方を覚えなおします。
体の柔軟性が向上し骨格が整っても体の使い方が悪いと痛みや症状をぶり返してしまうからです。

④必要に応じて鍼灸治療や超音波、ストレッチポールなどを行います。

腰痛が楽になると

ベッドで寝返りも楽になりぐっすりと熟睡できるようになります。
やる気が出て仕事や家事がはかどるようになります。
姿勢がよくなり、長時間同じ姿勢をとるのが楽になります。
子供を抱っこしたり、存分に遊んだりすることが出来ます。

最後に、、あなたがこのページを見ているということは、今も腰の痛みや痺れに悩んでいることかと思います。

もしかするともうすでにマッサージに行ったり、病院でブロック注射をしたり、痛み止めをもらっているかもしれませんね。

もし、今の症状が全然良くなっていなければその治療方法はあなたにあっていない可能性があります

それでもマッサージや鎮痛薬、注射などその場しのぎの治療をつづけますか?

時間は少しかかるけど、今度こそ体の根本から改善して腰痛の出ない体作りをしていきましょう!

症状の改善のため精一杯努力することをお約束致します!

ご予約時に「根本改善整体で予約をとりたいんですけど」とお伝えください。

根本改善整体 オファー


電話案内

矢印

電話ボタン

※日曜日は19時までにご予約下さい。